健康カプセルゲンキの時間で紹介されたニュー野菜とは?

実は、野菜は常に進化して、新しい野菜が市場に出回っています。
そこで、健康カプセルゲンキの時間ではニュー野菜がいくつか紹介されました。

1、カリフローレ
カリフラワーを品種改良したもので、茎まで丸ごと食べられるため
カリフラワーより効果的に栄養が摂取できます。
食感はキャベツの芯を甘く美味しくした感じのようです。
野菜スティックにして食べると美味しいですね。

2、ロマネスコ
ロマネスコはカリフラワーの仲間
カロリーが低くビタミンC、カルシウム、食物繊維などが豊富です。
免疫力アップから美肌効果まで期待できます。

3、こどもピーマン
ピーマンを品種改良したもので、ビタミンCが従来のピーマンの1.5倍、
皮膚や粘膜に作用するβカロテンは2倍以上含まれています。
こどもピーマンはピーマン特有の苦みを抑えているので
ピーマン嫌いの子供でも食べやすくなっています。

4、ブロッコリースーパースプラウト
ブロッコリーの新芽です。
このスプラウと(新芽)には、スルフォラファンという発がん予防物質が
ブロッコリーの20倍含まれています。
さらにアンチエイジングや肝機能アップなど様々な面で効果が期待される野菜です。
味がほとんどないため、他の料理の味を邪魔しないのが使い易いです。
サンドウィッチ、サラダ、味噌汁など、色々な料理に加えることができます。

5、アイスプラント
カリウム、クエン酸、βカロテンなどが含まれ、生活習慣病予防、
血糖値低下作用、抗酸化作用があると言われています。
食べた感じは、やらかいけど、サクサクとした食感です。
しょっぱい感じもあるようです。

6、グラパラリーフ
サボテンなどの多肉植物を品種改良した野菜です。
ビタミン、ミネラル、カルシウム、マグネシウムなどが含まれています。
特徴は、カルシウムの吸収を助けるマグネシウムが含まれていて、
抗酸化作用のあるカテキンも緑茶と同じくらい含まれています。
食べた感じはレモンのような酸味があるようです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。