中村先生によると

「食の欧米化も乳がんの発症率を増加させている原因の一つ」

と言っています。

食の欧米化とは、油っこいカロリーが高い食事で、
生活習慣病や心筋梗塞、脳梗塞にも関係しています。

カロリーの高い食事は肥満の原因にもなるので、
食生活を見直すことはとっても重要です。

さらに、

大豆が乳製品が乳がんのリスクを下げるということに対して
専門家の意見はどうなのでしょうか?

まず大豆についてですが、大豆は乳がん予防の可能性があるようなので、
大豆を食べることは悪いことではないようです。

しかし、

それによって乳がんのリスクを下げようといった効果を期待しない方がいいようです。

また、

イソフラボンのサプリメントの摂取は専門医の立場からはおすすめできないようです。

乳製品の場合は、乳がんのリスク要因になるかどうかは
賛否両論あり、証拠不十分となっている状況です。

このような状況から、

食事やサプリメントで乳がんを予防するというのはちょっと疑問があります。

しかし、

運動することで乳がんのリスクを減らすことができるので、
肥満防止のため、生活習慣病予防のためにも積極的な運動を心がけたほうがよさそうです。

乳がんに関するまとめ

乳がんのリスクを下げるには肥満防止と適度な運動が重要なポイントです。
食生活の面ではお酒を控えて、油っこいカロリーの高い食事を控えることが大切です。

これらの、ポイントは乳がんに限らず、生活習慣病やメタボ対策にもつながります。
乳がんを予防するためには、もう一度自分の生活態度を見直してみるといいかもしれません。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。