くすみ・かんぱん・しわ改善効果!馬プラセンタ&セラミド美容液 プラセラ原液の特徴とは?

突然ですが、

肌のターンオーバーってご存知ですか?

ターンオーバーとは肌の代謝活動のことです。

皮膚の新しい細胞は、表皮の一番下にある
「基底層(きていそう)」というところで生まれます。

それが徐々に上へと押し上げられて「角質細胞」になり、
最後は垢となって剥がれ落ちます。

この1回の活動サイクルに、平均28日ほどかかるそうです。

このターンオーバーが乱れると肌荒れの原因になります。

リマーユプラセラ原液は、ターンオーバーを整え
気になるシミやくすみに働きかけ、透明感のある肌にしてくれるようです。

 

<プラセラ原液の特徴とは?>

プラセラ原液とあえて「原液」とうたっていますが、
プラセラ美容液とはせずにプラセラ原液としているのは
何か訳があるようです。

原液とは、加工したり、薄めたりしない前の
濃い液体のことを指しています。

リバテープ製薬では

「主成分が濃い美容液」のことを
「原液タイプの美容液」としています。

つまり、

プラセラ原液とは、
濃度の高いプラセンタとセラミドを
配合している意味でつけられているようです。

 

<プラセンタ原液の成分は?>

成分その1、高濃度馬プラセンタ

リマーユプラセラ原液は、
国産(北海道)サラブレッドから抽出したプラセンタを
配合しています。

成分その2、高濃度馬セラミド

セラミドは肌や髪のうるおいに欠かせない働きをしてくれます。
中でもリマーユプラセラ原液では、肌馴染みの良い
「馬セラミド」を使用しています。

成分その3、馬サイタイエキス

サイタイは、臍帯(へその緒)から抽出される貴重な美容成分です。
美肌に欠かせない有用成分を含んでおり、
老化の原因である「活性酸素」を抑える効果も報告されています。

プラセラ原液の主な3つの成分を紹介しましたが、
成分で気になるのが添加物の問題です。

プラセラ原液は、無香料、無着色、パラベンフリーとなっているので
継続して使用しても安心して使えます。

 

<プラセラ原液の見た目・手触りはどうなの?>

・薄い白さがありますがほとんど透明色です。
・水みたいにさらっとしていて、なじみやすくなっています。
・少しとろみがありますが、べたつきません!

 

<プラセラ原液ができることって?>

プラセラ原液を使うことで、
どんな肌の変化があるのでしょうか?

主に3つの変化があります。

変化その1、シミ、シワの解消

変化その2、ニキビ跡の修復

変化その3、毛穴の開きを少なくする


プラセラ原液の特徴を色々な角度から紹介しました。

この特徴を見てみると、
「もしかしたら、自分にあっているかも?」
と思われた方もいると思います。

実際にプラセラ原液を使って
75%の女性が実感していることを考えると
このプラセラ原液は使ってみる価値はあると思います。

まずは2週間分を約1000円でお試しできますよ。

⇒プラセラ原液のお試しはこちら!



 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。