Oラインが毛深い!脱毛するのが大変なの?

Vラインは見えるので毛深い状態を確認できますが、
Oラインとなると見えない分、剛毛、毛深いということを
気が付きにくい面があります。

Oラインの脱毛はあんまりやっていないのではないかと
思いがちですが案外、きちんと処理しています。

 

<Oラインが毛深いと不衛生?>

Oラインが毛深いのは見た目の問題だけでなく
衛生的に良くありません。

生理中はIラインと同様、
臭ったり蒸れた感じがしたりします。

現代はウォシュレットがかなり普及してますので
かなり良い環境ではありますが、やはり微量は
毛に付着していることが多くあります。

 

<Oラインは自己処理が大変>

Oラインは自己処理をするのがとても大変です。

目で見えないので確認するのも大変です。

自分のお尻の穴でもあまり見たくありませんが、
一度、覚悟を決めて見てみたほうが良いでしょう。

直接見なくても手で触っても分かるから大丈夫と思いがちですが、
触った手の感触だけでは実際見た感じと違います。

 

<ショーツからは毛がはみ出ない?>

水着ではTバックを履く女性は日本ではほとんどいないので
水着でOラインの毛がはみ出る心配はありませんが、

ショーツでTバックを履く女性は彼との性行為の時には
Tバックから毛がはみ出てたら見た目が良くありませんね。

 

<Oラインの脱毛方法>

Oラインの自己処理は大変ですね。

手さぐりで、なんとなく感覚でやってしまうと
傷をつけてしまう事がよくあります。

思い切って彼氏にやってもらえる人は
やってもらうというのも手です。

 

<脱毛法その1、毛抜き>

一番簡単な脱毛方法が毛抜きですが、
とても痛いですし、とてもやりずらいです。

痛い反面、最初は綺麗になるのですが、
毛抜きによる脱毛は埋没毛になりやすく、
ボツボツが出来たりとお尻の穴周辺のお肌が
汚くなりますのでおすすめできません。

 

<脱毛法その2、脱毛クリーム(除毛クリーム)>

Oラインの脱毛に脱毛クリームはおすすめできません。

それは、

脱毛クリームが粘膜部分につく可能性があるからです。

たとえ、上手に脱毛できたとしても
また普通に生えてきますし、薄くなることはありません。

 

<脱毛法その3、脱毛ワックス>

脱毛ワックスと言えば、シェリークリアなどのブラジリアンワックス
が有名ですが、
テープで張り付けて、剥がした勢いで毛を抜きます。

やっていることは、毛抜きと変りません。

さらに、

お肌に貼り付けるので肌の角質も
痛めてしまう可能性があります。

剛毛で毛深いという自覚がある人は
なおさらおすすめできません。

肌が赤くなりヒリヒリし、毛穴が赤い
ブツブツができてしまうこともよくあります。

 

<脱毛法その4、カミソリ>

VIOラインの中で一番Oラインが
カミソリで剃るのが難しいです。

やりずらいので、傷をつけてしまう可能性も高いです。

やりずらいのでチクチクしないように綺麗に剃るのも面倒です。

Oラインだけでなく、どの部位の脱毛でも同じですが、
カミソリの処理を続けていると黒ずんでくることもあります。

 

<脱毛法その5、電気シェーバー>

Oラインは電気シェーバーもやりずらいですが、
やはり安全性を考えるとカミソリよりもおすすめですね。

アンダーヘア用や顔そり用の電気シェーバーがお薦めです。

多少チクチクが残るかもしれませんが
Oラインは多少は良しとしましょう。

自己処理では安全性や肌のためを考えると
電気シェーバーが良いと思うのです。

刺激の少ないもので、放置時間を短めにするなどして
刺激を少なくする工夫をしてくださいね。

 

<脱毛法その6、ヒートカッター>

Oラインは長さを整えるという人は少ないと思いますので、
ヒートカッターはあまりおすすめできません。

お肌には問題ないのですが、毛を少し残して焼切るので
毛がない状態にはなりません。

それでも良いという方にはおすすめです。

 

<Oラインの脱毛まとめ>

Oラインは脱毛がおすすめです。

Oラインは毛を少なくして自己処理を楽にするというよりも
完全になくしてしまうほうが良いでしょう。一番めんどくさいですから。

Oラインの脱毛が恥ずかしいという方は多いです。

お尻の穴を他人に見せるのが恥ずかしいのですね。

ましてや剛毛で毛深いとなるとさらに
恥ずかしいと思うかもしれませんが、
けっこうOラインが毛深い女性って多いのです。

自宅でこっそり自分で
Oラインの脱毛したのであれば
コスパにすぐれカートリッジ不要、
ジェルやクリームも不要のフラッシュ脱毛器がありますよ!
↓↓↓
⇒家庭で手軽に簡単にできる脱毛器 センスエピXはこちら!

もちろん、1年間無料保証付きです。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。