花粉症の症状を改善するためには
耳鼻科を受診するのが一番のお薦めですが、
仕事や時間の関係上、病院を受診できない場合、
頼りになるのが市販薬(OTC)です。

市販薬は病院で処方される保健薬と違って
効果が弱く効き目がないと思われている方が多いですが
最近になって、スイッチOTCが多くなっています。

スイッチOTCとは、これまで医師の判断でしか
使用できなかった医薬品が薬局で購入できる市販薬のことです。

つまり、

医療用医薬品として使用されて
重大な副作用もなく安全に使用できると
判断できる薬がスイッチOTCになります。

スイッチOTCは、元々は医療用医薬品だったので
効果はすでに保証済み、副作用の心配もほとんどなく
安心して服用できます。

では、現在、どのような花粉症のスイッチOTCがあるのか?

簡単にまとめてみました!

 

「アレジオン10」「アレジオン20」エスエス製薬

アレジオン10.jpg
アレジオン20.jpg

 

「アレグラFX」久光製薬

アレグラ.jpg

 

「コンタック鼻炎Z」「ストナリニZ」(GSK・佐藤製薬)

コンタック鼻炎.jpg
ストナリニZ.png

 

「エバステルAL」(興和)

エバステルAL.jpg

 

「クラリチンEX」大正製薬

クラリチン.jpg

 

以上が注目のスイッチOTCですが
これらは第二世代抗ヒスタミン薬になります。

アレグラは1日2回服用ですが、
その他はすべて1日1回タイプです。

仕事をしている方にとっては、
1日1回服用の薬を選らんだほうがいいです。

抗ヒスタミン薬と聞いて、すぐに気になるのが
眠気の問題だと思います。

これに関して、医薬品の添付文書を見てみると
重要な基本注意として

「眠気を催すことがあるので本剤投与中の患者には
自動車の運転等危険を伴う機会の操作には従事させないよう
十分注意すること」

との記載がないのが
「アレグラ」「クラリチン」だけです。

もし、

仕事上、車の運転をする機会が多い場合は
「アレグラ」「クラリチン」のどちらかを
選ぶといいです。

アレグラもクラリチンも適応症は同じですが、
用法がアレグラは1日2回、クラリチンは1日1回となります。

効果はほとんど同じなので、
飲みやすさから選ぶと1日1回の
クラリチンがいいかもしれません。

医師の診察を受ける時間がない人にとっては、
薬局やドラッグストアで購入できるスイッチOTCは便利な存在です。

今回の記事を参考にしながら
購入する場合は必ず薬剤師に相談してくださいね!

もし、

他の病院で飲んでいるお薬がある場合は
飲み合わせの問題もあるので、お薬手帳があれば
お薬の併用についてもアドバイスができます。

上手に薬を選んで、
早めの対策が花粉症の症状を
和らげるとができますよ。

<関連記事>

お薦め花粉症対策グッズの最新情報!

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。