薬剤師お薦めの花粉症のOTC 第二世代抗ヒスタミン薬

花粉症のOTCの中で、
医療用医薬品から一般医薬品として販売できるようになった
スイッチOTCが最近の主流になっています。

スイッチOTCのほとんどは
第二世代抗ヒスタミン薬に分類され
第一世代よりも効果や副作用の面で
使いやすくなっています。

第二世代抗ヒスタミン薬に分類される
スイッチOTCの中で私がお薦めする医薬品が・・・・

「アレグラFX」「クラリチン」

アレグラ.jpg

クラリチン.jpg

なぜこの薬がお薦めなのかと言うと
なんと言っても抗ヒスタミン特有の
眠気の問題が少ないからです。

添付文書でも重要な基本注意の所に

「眠気を催すことがあるので本剤投与中の患者には
自動車の運転等危険を伴う機会の操作には従事させないよう
十分注意すること」

との記載がありません。

花粉症の症状もつらいけれど
薬による眠気が強くて仕事や
運転ができなければ意味がありません。

そこで、

仕事している方や学生の方は
集中力が大切なので、眠気が少ない
「アレグラFX」「クラリチンEX」を選ぶといいです。

それでは、

アレグラFXとクラリチンのうちどちらがいいのか?

その違いは用法に着目するといいです。

アレグラFXは1日2回

クラリチンEXは1日1回

飲みやすさを考えると
1日1回のクラリチンがいいですね。

結論としては、

私がお薦めする花粉症のスイッチOTCは
「クラリチンEX」です。

クラリチン.jpg

1日1回で服用する場合、朝夕のうちどっちがいいのか?

寝ているときに鼻づまりがひどくて寝つきが悪い方や
朝起きた時にくしゃみが連続して止まらない(モーニングアタック)の方は、
夕食後に飲んだ方がいいですよ。

辛い花粉症の症状を治すには
市販薬(OTC)を服用するのも大切ですが、
なるべくなら、薬に頼らずに改善したものです。

花粉症の症状を和らげるには
体質改善が重要なので、
生活習慣を改善することは大切です。

いきなり、「生活習慣を改善しよう!」
思ってもなかなか継続できないので、
この様な漢方薬のお茶を飲み始めてみるのも
良いきっかけになると思いますよ。

⇒100%オーガニック茶「白井田七。茶」はこちら!

このお茶は単なる緑茶でなくて、
漢方で使われる生薬の中でも高価な
田七人参が入っています。

もちろん、

お子さんも飲めるお茶なので
家族で飲むことができますよ!

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。