実は、一口に花粉症と言っても
花粉症を引き起こす原因植物は40種類以上です。

40種類もある花粉の中で一番多いのがスギ花粉

花粉症の80%はスギが原因の花粉症です。

次に発祥の多い原因植物は
イネ科のカモガヤ、ハルガヤ、スズメノテッポウ、
スズメノカタビラ、オオアワガエリなど、
他にヨモギ、ブタクサ、シラカンバがあります。

地域によっても原因となる花粉に違いがあります。

例えば、

コナラ、ハンノキ、ケヤキ、イチョウ、ギシギシ、
ヤナギ、アカシア、ヤマモモなどがあります。

花粉の飛散する季節は植物によって違います。

したがって、

花粉症は原因植物によって症状の現れる時期が違ってくるわけです。

しかし、

スギ花粉症の飛来する春がとびぬけて花粉症で悩む方が多いです。

ざっくり花粉と飛散時期を紹介しますと・・・

木の花粉のシーズン スギ、ハンノキなど
2~5月

イネ科の牧草の花粉シーズン カモガヤ、オオアワガエリなど
5~7月

雑草の花粉シーズン ブタクサ、ヨモギなど
8~9月

これらの植物の花粉は風によって飛散します。
強い風に乗ると数十キロも離れた遠くにまで運ばれます。

近くに原因植物がないからといって
花粉症とは無関係とは言えないですよ!

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。