花粉が人の体に侵入してアレルギー反応を引き起こし、
その結果として花粉症の色々な症状が現れます。

この時、

体の中ではどんなことが起きているのでしょうか?

鼻の場合には次のような仕組みがわかっています。

1、花粉が吸いこまれると鼻の粘膜にはりついて中に入り込む

2、「花粉が入ってきた」と刺激が粘膜に伝わると、
血液中のBリンパ球が形質細胞に変化して、IGE抗体をたくさん作る。

花粉症の人はどんどん作りすぎてしまう。
花粉症ではない人はIGE抗体を少ししか作らない

3、IGE抗体が多くの肥満細胞と結合してため込まれる

ここまでが、アレルギー反応の準備段階です

1、花粉がまた入ってくると、ため込まれている
IGE抗体との間で抗原抗体反応が起きる

2、 その結果、IGE抗体にくっついていた肥満細胞から、化学伝達物質
(ヒスタミン、ヘパリン、トリプターゼなど)が放出される

3、 これらの化学伝達物質が鼻の知覚神経の末端を刺激したり、
血管の壁の水分の出入りを多くします。

そのために鼻のむずがゆさ、くしゃみ、鼻水、あるいは
鼻の粘膜のむくみによる鼻づまりなどの症状を引き起こします。

 

<関連記事>

お薦め花粉症対策グッズの最新情報!

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。