NSAIDsはエヌセイズと言いますが
日本語では非ステロイド性の解熱鎮痛剤と言われています。

抗炎症作用のある薬としてステロイドがありますが、
ステロイドによる副作用の問題から、ステロイド以外の
抗炎症薬という意味で非ステロイド性解熱鎮痛剤と言われています。

NSAIDs(エヌセイズ)は、ステロイド同様に
抗炎症作用以外に鎮痛作用、解熱作用があります。

NSAIDs(エヌセイズ)は、一般的には解熱鎮痛薬と言われ、
風邪などの解熱剤として広く使われています。

代表的なNSAIDsには、PL顆粒、ボルタレン、ロキソニン、
カロナールなどがあります。

インフルエンザでは38℃を超える高熱が特徴になりますが、
高熱が長く続く状態は身体にも影響を与えるため、
解熱剤を使って熱を抑えることが必要になる場合があります。

しかし、

気をつけて欲しいのですが、
インフルエンザによる発熱で解熱剤を使う場合、
使ってはいけない薬があります。

と言うのも、

インフルエンザの発熱で一部のNSAIDsを使うと、
インフルエンザ脳症やライ症候群といった
重大な病気を引き起こす可能性が指摘されているからです。

インフルエンザの発熱時に使用を避けたほうがいいのが、
アスピリン、ジクロフェナク、メフェナム酸といった成分です。

子供のインフルエンザによる発熱で上記の解熱鎮痛剤を使用すると
ライ症候群や脳症を引き起こす可能性があることが分かっています。

そのため、子どもの使用は原則禁忌です。

また、成人であっても使用は避けたほうがよいとされています。

インフルエンザで発熱、頭痛などの症状がある場合に
自宅にあるPL顆粒やボルタレン、ポンタールを安易服用することはNGです!

NSAIDsが誘発するインフルエンザ脳症とは?

インフルエンザ脳症は、インフルエンザにかかった
1~5歳の乳幼児に多くみられる病気で、
発症した人の80%が5歳までに発症しているといわれています。

具体的な症状は、けいれん、意識障害、異常行動などの
神経症状が急速に進行し、多臓器不全を起こすなど、
死に至ることもあります。

過去に、抗インフルエンザ薬のタミフルを服用して
異常行動が問題になりましたが、この異常行動が
インフルエンザ脳症からきているのではないかとの意見もあります。

インフルエンザの発熱時にPL顆粒(アスピリンなどのサリチル酸系)、
ボルタレン(ジクロフェナク)、ポンタール(メフェナム酸)などといった、
NSAIDsの解熱剤を使用すると、インフルエンザ脳症を引き起こしたり、
症状を悪化させるとして、小児の使用は禁忌とされました。

また、

成人でのリスクは低いものの、脳症を発症・悪化させる可能性が否定できないため、
小児同様、アスピリンなどの解熱剤はほとんど処方されなくなりました。

成人のインフルエンザの発熱の処方薬は?

ごく一般的にインフルエンザの発熱ではカロナール(アセトアミノフェン)が
処方されますが、成人の場合は、NSAIDsの仲間である
ロキソニンが処方されることもあります。

ロキソニンの主成分であるロキソプロフェンは、
アセトアミノフェンに次いで安全な成分といわれています。

そのため、症状によってはアセトアミノフェンではなく、
ロキソニンの方が適している場合があります。

また、ロキソニンと同様の理由から、
イブプロフェンを主成分としたブルフェンが処方されることもあります。

ただし、

ロキソニンやブルフェンは解熱効果が高すぎたり、
インフルエンザ脳症との関係がまだ不明であることなどから、
インフルエンザの発熱に自己判断で使うのは大変危険です。

服用する場合は病院を受診し、医師と相談してから
服用するといいです。

このロキソニンは、安全性の面から子供に処方されることはありません。

子どもがインフルエンザの時に解熱剤を使うとしたら
カロナール(アセトアミノフェン)の薬が使用されます。

インフルエンザの発熱の第一選択薬はカロナール(アセトアミノフェン)

インフルエンザの発熱には、カロナール(アセトアミノフェン)
という成分の薬が適しています。

アセトアミノフェンは、NSAIDsに比べて解熱効果がゆるやかで、
インフルエンザ脳症を引き起こす可能性が低いといわれているからです。

日本小児科学会では、子供のインフルエンザの発熱時に処方する薬として
カロナール(アセトアミノフェン)が推奨されています。

また、大人も子どもと同様に、カロナール(アセトアミノフェン)が
処方されることが多いです。

アセトアミノフェンを主成分とした処方薬を紹介すると・・・

<先発の内服薬>

カロナール細粒・錠

<先発の坐薬>

カロナール坐剤、アンヒザ坐剤、アルピニー坐剤

ここで紹介した薬は先発品です。

同じアセトアミノフェンで後発品(ジェネリック医薬品)もあります。

市販薬ではタイレノールやバファリンルナiなどがあります。

インフルエンザにかかった場合は、すぐに病院、クリニックを受診して
抗インフルエンザ薬や漢方薬、解熱剤を処方してもらったほうが
早く治り、重症化も防ぐことができます。

もしインフルエンザの薬で疑問がある場合は
医師や薬剤師に相談してください。

急な発熱で市販薬が欲しいときは
ドラックストアにいる薬剤師に聞いてから服用してくださいね。

まとめ

アスピリンやポンタール、ボルタレンは、どの科でも処方される
解熱鎮痛剤で、さらに頓服で処方されるケースもあり
家に残っている場合があります。

しかし、

以前に処方された薬だからといって、
インフルエンザの発熱、頭痛に飲んでしまうことに注意が必要です。

自分では普通の風邪だと思っていても
インフルエンザの可能性もあります。

インフルエンザが流行している時は、
普通の風邪だろうと思って市販薬を飲む前に
病院を受診してインフルエンザ検査をしてください。

もし、インフルエンザが疑われる高熱などの症状が出たら、
6~48時間以内に医療機関を受診し、抗インフルエンザ薬や
解熱剤を処方してもらってください。

補足しておきますが、
普通の風邪を引いて発熱、頭痛の場合は
アスピリンやポンタール、ボルタレンが処方されることがあります。

インフルエンザと風邪は似ているようで違います。

今回の話はインフルエンザの発熱には
アスピリンやポンタール、ボルタレンは使用できないということです。

インフルエンザか風邪なのかは、素人では判断できないので
病院を受診してインフルエンザ検査を受けてくださいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。