体を守ってくれるフローラが乱れると健康や美容に悪影響を及ぼします。

目には見えませんが私たちの体には多くの細菌が常井住んでいます。
人は母体から外に出た瞬間に周囲の環境にいる雑菌に触れ

菌との共存を始めているようです。
普段、人に害を及ぼさないこれらの細菌は常在菌と呼ばれ、

腸や肌、口、鼻など、外科医に触れる場所にいることが分かっています。
その数は数百兆個、重さにすると数キロにもなるようです。
これらの常在菌が果たす最も大きな役割は

外科医にいる病原菌から体を守ることです。
常在菌が作った成分は病原菌が定着しにくい環境をつくり

病気の予防に役立っています。

 

常在菌の集まりはフローラと呼ばれ、

最近その働きがどんどん解明されフローラが

全身の健康に影響を及ぼししていることが分かってきています。
特に注目されているのが、大腸の腸内フローラです。
実際にフローラを構成する常在菌たちのバランスが乱れると肥満や病気の原因になると指摘した研究が次々と報告されています。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。