アレルギー性鼻炎の対策!治療に使われる薬を分かりやすく解説!

アレルギー性鼻炎の特徴であるくしゃみ、鼻水、鼻づまりを
全般的に抑える抗ヒスタミン薬がベースとなります。

さらに、

くしゃみ、鼻水が強い場合と鼻づまりが強い場合とで
選択する薬が異なる場合があります。

今どんな症状が強いのか医師にしっかり伝えることが重要です。

1、 くしゃみ、鼻水が強い時・・・・抗ヒスタミン薬、ステロイド点鼻薬

2、 鼻づまりが強い時・・・・抗ヒスタミン薬、ステロイド点鼻薬、
抗ヒスタミン薬・塩酸プソイドエフェドリン配合剤、
抗ロイコトリエン薬

その他の治療法として舌下免疫療法があります。

この治療法は、2014年よりスギ花粉症に、
2015年よりダニ通年性アレルギー性鼻炎に対して保険適用になりました。

アレルギーの原因になっているアレルゲンを少量から増やし、
繰り返し投与することで体をアレルゲンに慣らして症状を和らげる治療です。

どの治療薬が自分にあっているかどうかは
耳鼻咽喉科の医師と相談してください。

抗ヒスタミン薬は、鼻炎の症状を改善しなすが、
眠気などの副作用がともないます。

眠気がなくても注意力が低下する場合もあるので
気になる方は眠気の副作用の少ない薬を処方してもらう必要があります。

どうしても眠気が気になる方は、漢方薬を処方してもらった方がいいですよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。