【薬剤師監修】花粉症にお薦めの市販薬 人気の内服薬、点鼻薬、点眼薬はこちら!

花粉症の治療には耳鼻科を受診するのが一番だけれども
受診する時間がない方にとっては市販薬(OTC)は
とってもありがたい存在です。

OTC薬を選らぶといっても何を選んでいいか分からない場合は
ドラックストアにいる薬剤師に相談するのが一番です。

でもあらかじめ今注目されている人気の内服薬や点鼻薬、点眼薬を
知っておいた方が相談する時に便利です。

<お薦めの内服薬>

花粉症関連のOTCで一番の人気は医療用医薬品からスイッチされた
第二世代抗ヒスタミン薬です。

その中でも人気なのが「アレグラFX」


<画像をクリックすると医薬品の詳細と楽天の通販情報が分かります!>

このアレグラFXは医療用と同成分で同用量なのが特徴で
眠くなりにくいため車を運転する人にお薦めの医薬品です。

アレグラFXは1日2回服用なのが難点ですが、
1日1回の服用を希望するのであれば、
「アレジオン20」がお薦めです。


<画像をクリックすると医薬品の詳細と楽天の通販情報が分かります!>

しかし、アレジオンは眠気が出やすいので
車の運転には要注意です。

第二世代抗ヒスタミン薬は、効き目がいまいちと感じる方は
第一世代抗ヒスタミン薬を選ぶ場合があります。

プレコールやコンタックなど有名ブランドが人気ですが、
それ以外に成分を液状にしたソフトカプセルの
「セピー鼻炎ソフトN」が速く効くということで人気です。


<画像をクリックすると医薬品の詳細と楽天の通販情報が分かります!>

この商品は鼻づまりに効果がある塩酸プソイドエフェドリンが配合されているので
鼻炎症状の中でも鼻づまりが強い方にお薦めです。

しかし、第一世代抗ヒスタミン薬が配合されているので
眠気や抗コリン作用による口の渇き、目の渇き、便秘には要注意です。

さらに、現在緑内障の治療を受けている方や排尿障害で泌尿器科に
通院して薬を服用している方は第一世代抗ヒスタミン薬の服用に注意が必要なので
購入の時は、現在服用している薬との併用に問題がないのか薬剤師に相談してください。

<お薦めの点鼻薬>

人気の点鼻薬は鼻水、鼻づまりに効果のある
血管収縮薬が配合されている点鼻薬が人気のようです。

中でもお薦めなのが
「エージーノーズ アレルカットM」


<画像をクリックすると医薬品の詳細と楽天の通販情報が分かります!>

この点鼻薬はケミカルメディエーター遊離抑制薬の
クロモグリク酸ナトリウム、第一世代抗ヒスタミン薬の
クロルフェニラミンマレイン酸塩、血管収縮薬のナファゾリンが
配合されています。

ナファゾリンは医療用としては「プリビナ点鼻薬」で有名です。
ナファゾリンは鼻づまりに良く効くので、連用しがちですが、
使いすぎると鼻閉を悪化させてしまうので長期連用は要注意です。

点鼻薬の商品ではステロイド配合の点鼻薬もあります。
その中でお薦めなのが「ナザールαAR0.1%」


<画像をクリックすると医薬品の詳細と楽天の通販情報が分かります!>

一般的なアレルギー性鼻炎では、抗ヒスタミン薬が配合された点鼻薬で十分ですが、
効果が感じられない場合はステロイド点鼻薬を使用する場合があります。

ステロイドと聞いて悪いイメージをいだく方がいますが、
短期間の使用であれば症状を悪化させずに対処できます。
医療用の点鼻ステロイドを使用した経験がある方には
「ナザールαAR0.1%」を使用しても問題ないと思います。

<お薦めの点眼薬>

点眼薬でリピーターが多いと言われているのが
「ロートアルガードクリアブロックZ」


<画像をクリックすると医薬品の詳細と楽天の通販情報が分かります!>

この点眼薬にはケミカルメディエーター遊離抑制薬の
クロモグリク酸ナトリウム、第一世代抗ヒスタミン薬の
クロルフェニラミンマレイン酸塩、抗炎症薬のプラノプロフェンが
配合されています。

プラノプロフェンが配合されている医薬品は
ニフラン点眼薬が眼有名です。

この点眼薬は目の痒みに良く効くとの評判で
リピート率が高いです。

 

<関連記事>

お薦め花粉症対策グッズの最新情報!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。