薬剤師が教える腸内細菌を整えるメリットとは?

現在、腸内細菌に注目が集まり、さまざまな腸内細菌を育てるための
サプリメントやヨーグルトなどが発売されていますが、

一体腸内細菌を育てることでどんなメリットがあるのでしょうか?

簡単に腸内細菌を整えるメリットを紹介します。

1、太りにくくなる

2006年にアメリカのゴードン教授らが腸内フローラと肥満との関係を世界で初めて報告しました。
また、近年の研究で腸内フローラが腸内で短鎖脂肪酸(酢酸、プロピオンさん、酪酸など)を産生し、
これらが血中に移行し全身をめぐることで代謝を上げ死亡筑西を防ぐことが明らかになっています。

2、ストレスに強くなる

腸内フローラとストレスの関連も指摘されています。
実際に動物実験ではビフィズス菌をとらせたマウスを狭い環境に閉じ込めると
与えていないマウスよりもストレス尾示す数値が低くなることが報告されています。

3、病気になりにくくなる

腸内フローラが乱れると大腸炎や糖尿病、動脈硬化といった
病気につながるという報告が複数あります。
病気の引き金となるのは腸内細菌がつくる代謝物質です。
そのため、原因となる代謝物質を作らせない
腸内環境づくりが病気の予防になると考えられています。

4、免疫力を高める

腸内フローラとの関係で最も注目を集めているのが免疫との関係です。
幼児期に腸内フローラを構成する菌の種類(多様性)が少ないと
腸内フローラが免疫系を十分に教育できずアレルギーリスクが高まると言った説があります。
また、一部の乳酸菌をとると免疫細胞であるNK細胞の活性が上がり免疫力がアップするという報告があります。

5、 お通じが良くなる
腸内フローラが整え鵜と大腸のエネルギー眩となる物質(短鎖脂肪酸)が作られ、
便を送り出す働きが活発になります。
食物繊維の摂取で腸内フローラが整い、便通が改善するという報告があります。

腸内細菌は第二の脳と言われるほど、
とても重要な機能を担っていると考えられています。

ここで紹介した5つのメリットを見ると分かると思いますが、
腸内細菌は私たちに大きな恩恵を与えてくれることが分かります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。