腰痛になるには、腰痛になる原因が存在します。

腰痛になるきっかけとして多いのがギックリ腰です。

ギックリ腰は、重いものを持った時や急に腰をひねった時に起きやすいのですが、
実は、ギックリ腰などの腰痛になる原因は、前々からの日常生活の原因が積み重なって起きています。

腰痛の引き金となる主な原因(癖)

1、片方の方にカバンをかけるクセがある

⇒このクセがある方は、左右のバランスが崩れている可能性があります。

2、足を組むんで座る癖がある

⇒足を組んで座る方が多いですが、足を上げることで、片方の骨盤に体重が偏るため、
背骨、骨盤、股関節がゆがむ原因となります。

3、後ろポケットに財布を入れる癖がある

⇒これは男の人に多いと思いますが、後ろポケットに財布を入れて座ると、
財布を入れていない方に体重が偏り骨盤の左右のバランスが悪くなります。

4、ヒールの高い靴で歩くことが多い

⇒これは女性に多いです。ヒールが高い靴は体重は前に移動します。そうすると、
体は前に倒れないように後ろにバランスを取ろうとします。
後ろにバランスを取ろうとすることで腰に負担がかかってしまいます。

5、長時間のPC作業によるデスクワーク

⇒普通の椅子に座ってPC作業すると、上半身が猫背になりがちです。さらに、
同じ姿勢を保ちながらキーボード操作をするので、
上半身の筋肉の緊張が首・肩こり、眼精疲労につながり、腰の筋肉を疲労させることになります。

 

これらの5つの原因は、些細なことです。この癖があるからといって
すぐには腰痛にはなりませんが、このクセや習慣が積もり積もることで
あるとき、突然ギックリ腰や腰痛になってしまいます。

日常の何気ない動作がある日突然ぎっくり腰を引き起こすので
毎日の自分の行動や姿勢を意識するだけでも腰痛予防になります。

でも、

分かっていても、長年の癖や習慣は、そう簡単には治らないのが現実です。

そこで、

ある程度、強制的に姿勢を矯正したほうが腰痛予防の改善につながります。

椅子を変えただけで、約80%の方が腰痛が良くなったという椅子があります。

その椅子が、

「アーユルチェアー」



椅子は外国産のものが多い中、
この椅子は、日本人のために開発された椅子です。

正座するような感じで椅子に座るため
座っていても骨盤への負担が軽減します。

すでに、

学校や塾などに取り入れられている椅子で、
腰痛予防・改善だけでなく子供の集中力も高めるようです。

今なら、このアーユルチェアーが1週間無料でお試しができるようです。

⇒アーユルチェアーを無料で試してみる!

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。