簡単背中ケア!美背中入浴法で背中美人になる!

2016年5月18日放送のフジテレビ「ノンストップ!NONSTOP!」の中で
「美活☆やってます」で紹介された「背中ケア」についてまとめてみました!

今年のファッションは背中や肩を見せるファッションが流行のようです。

先日のめざましTVイマドキでも肌見せファッションが特集されていました。

でも、背中を見せるって抵抗がありませんか??

街角のインタビューでも、
「背中ニキビが気なる」
「背中に自信がない」
「背中のムダ毛が気になる」
などなど、自分の背中に自信がない方が多いようです。

そこで、

夏に向けて、今からでも家でも簡単に背中ケアできる方法が紹介されました。

美背中のつくり方についてアドバイスをいただいたのは
マブチメディカルクリニック院長の馬渕知子先生です。

背中にも顔と同じくTゾーンがあり、この部分は皮脂腺が多く、
皮膚も厚い場所になっています。

そのため、汗をかくことで雑菌がどうしても繁殖しやすいようです。

そのため、

日頃の背中ケアを怠ってしまうと、角質や皮脂、汗によって雑菌が繁殖し、
ニキビができやすくなります。

そこで、

馬渕先生お薦めの美背中入浴法があります。

 

馬渕先生によると、美背中入浴法のポイントは重曹

重曹というと料理やお掃除に使いますが
実は入浴剤としても活躍してくれます。

美背中入浴法に入れる重曹を使った入浴剤の作り方

材料は、クエン酸重曹

配合の割合ですが、塩:クエン酸:重曹=1:2:3の割合で
加えて混ぜるだけ。

この時、クエン酸と重曹は必ず食用の物を使ってください。

完成した入浴剤は、清潔なビン等に入れて保管します。

使い方は、
2~3杯を目安に入れます。

一つの目安として肌に気泡がつく感じくらい
入れるといいようです。

お風呂の温度は40℃以下、
10~15分程度浸かりましょう。

入浴の頻度ですが、毎日でもいいのですが
炭酸浴は刺激があるので、週2~3回から初めてもいいようです。

この重曹を使った入浴剤をお風呂に入れると、
二酸化炭素の泡が発生するので炭酸浴が手軽にできます。

炭酸成分には、たんぱく質や脂質を分解する働きがあり、
皮脂汚れや角質を身体から浮き上がらせてくれる効果があります。

また、皮膚表面にある血管を膨張させる働きもあり、
血行が促進され、皮膚環境を整えてくれます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。